読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あれとアレは混ぜるな危険

日々精進をしているふり

El Capitan 以降の Mac なら Azure File ストレージをマウントできるっぽい

こんにちは、はるたまです。
そろそろふるさと納税をまじめに考えないといけない時期ですね。もらえるならビールが良いけど、冷蔵庫のキャパシティと相談。

以前、世界のやまさが「Mac から Azure File ストレージにつながらない」と言っていましたが、El Capitan で試してみたら意外とさっくりつなげることができました。

(お前の MacBook Air 古いなと突っ込む前に新しいのおごってください)

Azure 側に準備

まずはストレージアカウントを作って、ファイルサービスにファイル共有を作っておきます。

Mac から繋ぎに行く

Finder のメニューから「サーバへ接続」を選択して

ダイアログが出てくるので

smb://【ストレージアカウント名】.file.core.windows.net/【共有名】

の形式で接続先を指定します。

ここで接続しようとするとユーザーをパスワードを聞かれますが

ユーザーにはストレージアカウント名、パスワードにはプライマリorセカンダリアクセスキーを指定します。
Azure のポータル上からは、ここで確認することができます。

正しくユーザー名とパスワードを入れたら、Azure File ストレージに接続されるはずです。

これで一応繋がることは確認できるはずです。

Azure Fire ストレージで気をつけないといけないのは、共有フォルダに対しては当然アクセスできますが、サーバーに対してアクセスすることができません。
違う言い方をすると、「【ストレージアカウント名】.file.core.windows.net/【共有名】」にはアクセスできますが、「【ストレージアカウント名】.file.core.windows.net」にアクセスすることができません。
これで何が起こるのかというと、Finder の左側にある

ここをクリックしてしまうとサーバーに対してアクセスしようとしますが、アクセス権が無いために Finder が閉じてしまうという何とも悲しい事になります。
この点だけ気をつければ、普通にアクセスすることができますよ。