読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あれとアレは混ぜるな危険

日々精進をしているふり

Visual Studio LightSwitchがヤバい件

こんばんは、はるたまです。好きな飲物はキリン淡麗グリーンラベルです。
さてさて、Microsoftから「Visual Studio LightSwitch」が発表されました。
LightSwitch Home | Microsoft Visual Studio LightSwitch
これのキーノートを見る前は
f:id:haru-tama:20100805004149j:image:h150
こんな感じでしたが、最後の方は
f:id:haru-tama:20100805004150j:image:h150
こんな感じになりましたので、きょうはVisual Studio LightSwitchについてひとつ言いたいと思います。

結論

Visual Studio LightSwitch」はクラウド対応のExcelもしくはAccessとも考えられる。さらに言うと、Salesforceの対抗として開発されたかもしれない。

コレって何者?

Visual Studio LightSwitch」は簡単に言うと、Accessのフォームみたいなノリでビジネスアプリケーションを作るための新しいVisual Studioです。
ただしAccessと違ってアプリケーションはC#VB.NETで作られているので、バリデーションとかの追加コードを入れるときには普通にC#VB.NETで書いていけます。さらに、SQL AzureだのSQL ServerだのSharepointだのをデータソースにして、全部をごっちゃ混ぜにしたアプリケーションが簡単に作れてステキです。さらにトドメを刺すように、ここで作ったアプリはデスクトップアプリとしてビルド出来るだけでなく、Silverlightアプリケーションとしてもビルドできます。つまり、同じコードベースからデスクトップアプリとSilverlightアプリがビルド出来る!
そこのお嬢さん!どうですか!!!Awesome great!!!!!

なんでこんな物作ったの?

個人的「Visual Studio LightSwitch」は、クラウド対応のExcelとかAccessみたいなものだと考えています。
以下、個人的な感想文なので真に受けないでください。

ビジネスアプリを今時のテクノロジで簡単につくる手段

現状ExcelとAccessでできたアプリは世の中にいっぱいあるかと思います。ただ、ExcelやAccessのアプリはVBAでできているわけですが、この部分は20年近く変わっていないわけです。
好意的に解釈すると、過去との互換性を保つ努力をMicrosoftがしてくれたおかげで昔のアプリがそのまま使えました。裏を返すと、21世紀も10年経ったというのにVBAなんぞという作りにくくて、デバッグしにくくて、テストもろくすっぽ出来ないようなヘボい環境で開発せざるを得ない訳です。
今までVBAで作っていたちっちゃいアプリを、今時の環境で作ろうよというコンセプトが根底にあると思います。

アプリを展開したいけどサーバ管理は面倒だ

確かに今でもExcelやAccessでサクっとアプリは作れるのですが、致命的な問題として複数人が同時に使うということができないわけです。たまにmdbファイルがブッ壊れたりもするし。
そうなるとSQL ServerとかSQL Azureをデータストアに使うわけですが、そうなるとサクっとアプリ作るという感じにはならなくなるのも事実です。PowerPivotはかなり頑張ってると思いますが、あれはあくまで分析のツールであってアプリではないわけですから。
ここらへんのギャップを埋められるという辺りがVisual Studio LightSwitchの一番わかり易い効果かもしれません。

こんなに簡単にアプリが作れるとなると?

Visual Studio LightSwitchを使うと、ExcelやAccessのアプリのようにサクっとアプリが作れるわけです。しかもこれがWindows Azureで展開できるとなると、Salesforceのマーケットを食っていく可能性が出てきます。
Force.comは確かにC#での開発をサポートしてますが、データストア周りに制限があったり、オンプレミスのデータも一緒くたにして何かやろうとしたときに、あんまり生産性が良いとは言えなくなります。ところが、Visual Studio LightSwitchではPowerPivotのような柔軟性のあるデータソースに対するビジネスアプリケーションを、ほとんどマウスの操作だけで作っていって、足りないところにちょこちょこC#VB.NETでコードを埋めるだけで作れるわけです。
現行のデータソースを活用するのならば、SalesforceよりもVisual Studio LightSwitch + Windows Azureが俄然魅力的になってきます。

最後に

Visual Studio LightSwitchは個人的に超期待です。ところで、M言語とEntity Frameworkってどうなるの?
あとベータ版はやくうp!!